夏に限らず、日光を浴びる際には、紫外線による悪影響を防ぐため、日焼け止めを塗ると良いといわれていますよね。 自分に合う日焼け止めの選び方としては、自分の肌質や使用状況に合わせて選ぶことが大切です。 例えば、顔に塗る場合には、フェイス専用の日焼け止めを使用した方がいいでしょう。 「全身用」と記載されている日焼け止めなら、顔にも使用することができますが、「体用」という記載の日焼け止めは、顔に塗ると刺激が強すぎる場合もあるので注意が必要です。 また、顔に塗る場合は、保湿効果があるかどうか、水や汗に強いかどうかなども確認して選ぶといいですね。 近年では、化粧下地にも日焼け止めにもなるという商品も少なくありませんから、そういった商品を使うのも手軽でいいかもしれません。 それに、屋外にいるか屋内にいるかでSPFの高さも違ってきますので、外にいることが多い方はSPF50くらいのものを、屋内の方もSPF20〜30のものを塗るようにしましょう。 SPFが高いものほど日焼けを防止できるとされていますが、それだけ肌への負担もかかります。 TPOを考えて選び、時には使い分けることも重要です。